February 5, 2020

October 12, 2019

May 31, 2019

February 28, 2019

January 7, 2019

November 21, 2018

November 4, 2018

September 12, 2018

Please reload

最新記事
日日茶記
 
 

on reading'四季の呼吸

December 31, 2016

 

冬ざれた静かに

移ろう四季をふり返り

風景へ記されたお茶と

その名残りを読む時間

 

ふいに消えた匂い

未知なるままの味

薄れていく名残り

 

少しづつを失くしていく中で

残されたものが拙いままに働く

 

何もない体は不思議に落ちついて

ひと杯は温もりにずっと満ちていた。

 

たったひとつのお茶にも

育まれた人の思いや

時をこえた歴史があるもの

 

見えないけれど

経験してきたこととそのものが

ふと触れあうとき

なにかがうごめき混ざり合う

 

自分の目的のために変形するのではなく

誰かの目的のために淹れるのでもなく

その水 その茶 その物のなかにすでに存在している記憶を受けとり

ルールだけによらず受動的にしてそのなにかを引きだしていく

 

こころの深い場所に宿るあたたかさを

感じながら「お茶を読む」

 

 

次回 → @on reading 2017.1月「万福

謝謝

 

 

Please reload

Please reload

アーカイブ

日日と流れる時間

過ぎる景色

此処にひととき佇み

お茶 ふと 遊ぶ

 

李舟 拝