検索
  • 安_Ann

on reading'万福


特別なことだけれど、

何でもないように過ぎていく。

特別なお茶だけれど、

何でもないように消えていく。

何もないようにしていると、

在る深遠に気づくことが難しくなる。

だから呼吸を深くして

自分の内へ溶けながら響く声に耳をよせて

過ぎていく瞬間を大切にしたいと思う。

质有余者不受饰也,至质至美。

今日という時間が

いつか自分を助け 人を助けることも

叶いますように。

ある人ほど何人もの人に

心をふるわせて

響かせるようには出来ないけれど、

目の前のただ一人の人へ

静かで かすかでも

心の深い場所へ聴こえるように、

お茶を読みます。

次回 → @on reading 2017.2月「ふるう音

謝謝


51回の閲覧