検索
  • 安_Ann

on reading'くれないの呼吸


トキのうつりかわり、

はらはらと舞い降りた木の葉をかざり、

いつもより少し華やいだテーブルの上で

林檎をほんのり温めた ’紅の湯を。

口に含むと 誰もが目を閉じて

優しげに蜜色の息を吐きながら、

これからの時間へと

静かに心を目覚めさせていく。

11月の読む時間、

冬の朝 冬の夜、心地のいい始まり。

からだを芯から温めて、頬がふと紅に染まるような「紅音」「野紅」「煌紅」、高い発酵と深い焙煎のお茶。丁寧につくられた人間らしいゆらぎ、そこに宿るあたたかな命の色をいただく。

この時だけの特別のお茶を、特別な気持ちで淹れ続けることは難しくて、幾度も淹れているうちに少しの余裕が生まれて、心にとりとめのない考えの浮かぶことがあります。

どのときにも平常心をもち、感性と知性の間をしなやかに揺れながら、飲む時間のその瞬間を大切に生かしていくように..、学びは多いものです。

@読む時間 次回は..「四季のこきゅう

謝謝 念茶


49回の閲覧