検索
  • 安_Ann

on reading'はなの呼吸


晴れたり曇ったりの空の下

ふいに吹き撫でてゆく風の音

雨の粒 影にみつめた 紫の花

耳をすませて 匂いをかいで

目をとじて いつものやり方で

ささやかな合図をこころに送る。

触れるもの全ての

その生きている表情を確かめながら

はじまりは淡く 柔らかく匂う杯

それからは深く 重たく匂う杯

途切れることなく息をして

茶湯に映る花のひらく風景を

追いかけた読む時間。

6月のon reading'はなの呼吸より

「お茶は人のこころを映す鏡」 そう教わりました。

飲みほした杯に自分を見つめてくれる人とそうでない人 お茶はどちらにお話をしてくれると思いますか。

その余韻の層は 暮らしに多くを求めリズムが忙しいと気づけない。深い呼吸をしていないとわからない。

何も知らなくてもわからなくても 心が動いていればそれだけで きっとお茶は美味しくいただけます。

説明し難いけれど 一緒にお茶を見つめ 杯をかさねてゆけば 言葉はなくても その一瞬はとても満ちていきます。

「お茶は飲む人を見ている」 わたしの先生の言葉です。

まだまだ知らないことばかりですが 生まれたご縁をこころへ届くよう大切に生かし合う ただそう思い 日日にお茶を淹れています。

@読む時間 次回は..「しろの呼吸

謝謝 念茶


8回の閲覧