検索
  • 李舟

古樹茶

ただ一枚の葉に、かすかな風のひとむれとひと掬いほどの土の匂いがする。

しなやかで深く、切なくて温かい。

ただ一瞬のうちに、自分の存在が体の輪郭が消えていくのを黙って眺めていた。

急いで焦る心、迷いながら悩む心。

ただ一杯の茶湯に、生きた力が溶け出してゆっくりと体を潤していく。

師は自然に寄り添うほど解き放たれていけたらいい という。

謝謝


1回の閲覧