検索
  • 安_Ann

得心器,淹心也然


柔らかな心の想いは

手指に触れる振動の

微かニュアンスのままに


水へ匂い立ち

その息溶け合う素湯の

肌理こまやかな姿かたちに露わる


-

清末

六如茶壷


作者の心の躍動を尋ねて氣と繋がる事

淹れる人の心が生きていることも然り


安 拝

55回の閲覧

最新記事

すべて表示

かみ