この茶湯のように


「この茶湯のようでありたい。」


濡れそぼる日の色の淡い風情のなか

涙は朝露のように光って見えました。


お茶を淹れる、飲むは

自然に触れる行為、


そこへ座るだけで

人は自ずから息を深くして、


いまの流れへ委ねながら

心を浄化されていきます。


煎を重ねても枯れきらず

みずみずしさを浮かべる茶湯、


二千六百年分の一期一会。


⚪︎

いまのちょうど良い

を 知るために


手先に慣れたそれらしい術を一つ

また一つ、と手放していく。


そのみちすじは

セオリーではなく、


体の感覚のそのままに

心を追い求めていく深遠な世界。


茶湯に映るものと

向き合うときを愛おしみ


目の前の人とその喜びを

分け合えるとすれば、


嬉しく、思います。


le you