お茶にはまる




茶、その植物の声を聞くことは

誰にも出来ることだけれど、


かさねる経験の先に洗練されて

初めて聴きとれる声やさとる言葉があります。


それは簡単なようで、

実は深遠なことでもある、


ということを大陸の老師や書物より教わって以来の日々、

わたし自身も学び、観察することを続けています。


#植物の声


’on reading 茶を読むでは、

目の前のひと杯を味わうことから学び、


誰かによる味わいでなく、

自分で味わうことに信頼が生まれるように、


感性をよりひらいていくガイドを体系と体感、

そして心の動きを交えながら、お伝えしています。


⚪︎

心と体がひとつとなり全身全霊で味わっている、

と 実感するときには


きっと 茶への理解がそれぞれの分野で深まり、

茶との親交が満ちて、胸にきゅぅとほの苦くて甘い風が吹いて、


沁みていくそれをどうすることもできなくて、

愛おしくてたまらなくなってしまう、と 思う。


お茶にはまる、とは

そういうこと のように感じます。


le you