July 30, 2016

白とは

ひかりのようで闇のようでもある。

そこには新しく生まれるゆとりがあり

何もかもが消えたあとに残る韻きもある。

何もないような空白に呼吸をきいて

ゆらゆらとして

それが何処へつながっているのか

予測もつかないけれど

少し また少しと近づいていく。

想像しているよりも内がわは広くて、

其処は深いということ。

7月のon reading'しろの呼吸 終了いたしました。

淡いの中に陰陽の変化をもつ白茶「白山」「酔白」「水雲」「白針」「あまの」から読む時間。

ふくよかな甘さを体に含むと そのひかりの中でふっと気は柔らかく 心は温かくなりながら

呼吸の深いほど...

July 4, 2016

晴れたり曇ったりの空の下

ふいに吹き撫でてゆく風の音

雨の粒 影にみつめた 紫の花

耳をすませて 匂いをかいで

目をとじて いつものやり方で

ささやかな合図をこころに送る。

触れるもの全ての

その生きている表情を確かめながら

はじまりは淡く 柔らかく匂う杯

それからは深く 重たく匂う杯

途切れることなく息をして

茶湯に映る花のひらく風景を

追いかけた読む時間。

6月のon reading'はなの呼吸より

「お茶は人のこころを映す鏡」 そう教わりました。

飲みほした杯に自分を見つめてくれる人とそうでない人 お茶はどちらにお話をしてくれると思いますか。

その余韻の層...

Please reload

日日茶記

日日と流れる時間

過ぎる景色

此処にひととき佇み

お茶 ふと 遊ぶ

 

安_Ang

最新記事

February 5, 2020

October 12, 2019

May 31, 2019

February 28, 2019

January 7, 2019

November 21, 2018

November 4, 2018

September 12, 2018

Please reload

アーカイブ
Please reload