検索

西双版納-千粁-昆明

今千年を超えて、育まれた自然と共生している 植物としての茶樹。 見えないものに素直になると、 記憶は体を癒やし心の健やかさを呼び覚ます。 どこかでひと杯の茶湯に出合ったなら、ふうと 息を吐いて、飾りなくお話してみてほしい。 - 標高1400-2400mあたり、山岳地帯各地に生きる 古茶樹をめぐりながら、その実際を改めて知り、 製茶する人の場に学び、其々の場所で雨土と風の 記憶を受けとり、いく果てに茶の化石へと、ご縁 つながり辿りついた雲南の旅。 あらゆる物事をジャッジするではなく、ありのま まに受けいれる包容の気が、環境に人にただ満ち ていて、柔らかで逞しく、慧眼には温もりがあり 、それがとても気持ちよくて、享受した人と人の 流れる涙のとまらない時間に触れました。 <インスタグラム ri_shu にもう少しの画像をご紹介しています。> - また少し、逞しくなれたような、その逞しさがお茶淹れに活きるよう、 小屋に於いて茶時を過ごしたいと思います。 この旅の見聞を、茶湯を交わしながらお話します。 どうぞ、茶小屋へお運びください。 日日に茶と間を、体を健やかにして、お待ちしています。 旅のすべてに感謝。 安李 拝