検索

鍛泥

記憶の地中に 落ちるとそこは深い海の底へつながっていた。 生物の息、 細胞の熱気、 無数のひかり、 暗闇の域(くに)、 手をひかれて深海へ たどり着くとそこは宇宙のような気もする。 渾沌のつちむろから 一瞬 永遠の世界が生まれる。