検索

on reading'ふるう音

クリアであることの尊さ 味わいの奥にある健気な匂い ふっと 鮮やかに色づく 心あてのフィルターをぬぐい 手のひらにある仄かな喜びに気づく 疑いのない自由 境界のない光 無と有のともなり ひとつのように見えて さまざまを抱く情景 その色を内に包み 飲むほどに近づくことができたなら こすれて ふるう音に 耳をすませ 祈りをかさねます お茶を読む 次回 → @on reading 2017.3月「朧」 謝謝