検索

on reading'四季の呼吸

冬ざれた静かに 移ろう四季をふり返り 風景へ記されたお茶と その名残りを読む時間 ふいに消えた匂い 未知なるままの味 薄れていく名残り 少しづつを失くしていく中で 残されたものが拙いままに働く 何もない体は不思議に落ちついて ひと杯は温もりにずっと満ちていた。 − たったひとつのお茶にも 育まれた人の思いや 時をこえた歴史があるもの 見えないけれど 経験してきたこととそのものが ふと触れあうとき なにかがうごめき混ざり合う 自分の目的のために変形するのではなく 誰かの目的のために淹れるのでもなく その水 その茶 その物のなかにすでに存在している記憶を受けとり ルールだけによらず受動的にしてそのなにかを引きだしていく こころの深い場所に宿るあたたかさを 感じながら「お茶を読む」 次回 → @on reading 2017.1月「万福」 謝謝