検索

森の茶

「西双版納の森へ行きましょう。」 とおい記憶をさそう声 目で見えていなくても 肌で触れていなくても こころに存在しているもの。 そう、 ほんの一瞬を同じに感じられる人がいる。 森のお茶を交わしながら ゆっくり沈んでいく様な 光と影の静かなささやきに こころが満ちみちていく日。 謝謝