喝 素心

 匂いと味わい そのさきの韵

 間合いや奥行き そのさきの息

 茶 一席

 それはきっと

 ふたたびの無い風景を旅する時間

  茶時のご案内

  −

  | ご予約制 |  茶、 'on falling  { い.ろ. ]

  | ご予約制 |  茶を読む 'on reading [ は. } 

  | ご予約制 |  祈輪  instagram専用頁より公開中

​         其々に趣きの異なる3つの時間です。

​   −

​   日日茶記 4/10更新  '12-'20 百間ノック 記録 

​   instagram /茶室 李舟 instagram /祈輪

--------------------------------------------------------------------------------------------------

茶を読む人 / Yukako Ave プロフィール

幼少期より植物の世界に憧れ園芸専門課程を履修し、アロマテラピー、ハーブ療法・店舗やブライダル・海外コレクション装花等、広く植物に関わりをもつ半生を歩む。その後、友人に勧められて口にふくんだひと杯の茶湯からこの道に魅せられて十五年、日本から中国へ師を求め様々な茶研習系列課堂を尋ね歩き、指導員や評茶国家資格など歴史文化や科学的な学問としての茶を学んでいたあるタイミングに、植物の命は人の在り方と共同成就しその美しさを心から愛おしむ茶の思想に触れ、又その老師と出逢ったことから、自然や植物生態に興味を広げ大陸の山岳地域や茶産地へのフィールドワークを経験する。現在は森のしくみから植物と人の心体のつながりに生まれる氣の巡りや魂に触れて共振することを、茶の道のなかへ自在に日日探究しつづけています。

「自然を観察していると自分を信頼し愛おしむことはナチュラルなことと気づかされます。わたしの学び歩く茶の道は自然的で見飽きることのないもの、この世のしくみに気づくことへ繋がり、その触れ合いは自ら優しさに満たされて人の心を開き、共に倖せを祈ることができる道です。」

今日も茶室にトキを温めてお待ちしています。

 

新しい茶室へ初めてご来室いただく時は、茶室の詳しい所在地をそれぞれメールからお問い合わせくださいますように宜しくお願いいたします。

​Cha no muro  ri_shu

 茶

 室

 

 李

 

 

謝 謝

​Tea that lives in the forest. Yukako Ave ○

copyright © 茶室 李舟. all rights reserved

スキャン 3.png

茶を読む

  • Instagram